皆さん、地中海料理と聞いたら

どんなお料理をイメージされますか??

 

 

スペインのパエリア

イタリアのトマトソースのパスタ

ギリシャのフェタチーズとオリーブのサラダ

モロッコの野菜たっぷりのクスクス

 

 

いろいろありますが

基本的に地中海沿岸地方で採れた収穫物を

ありがたくいただく伝統的な食事のスタイルです。

 

例えばイタリアでの食卓は….

 生命の象徴でもあるオリーブの木からは

オリーブオイルとオリーブの実の塩漬けをいただきます。

 

黄金色に輝く小麦畑からは精製しすぎていない小麦粉を。

素朴なパンを最後の一切れまで無駄にしないようにいただきます。

 

 

ごく普通にフルーツの木がお庭に植えてあり

夏の終わりには熟れ熟れのイチジクを籠に採り

食べきれない分はジャムにして朝食のお供として華を添えます。

 

季節ごとに収穫された新鮮なお野菜をふんだんに使用したお料理。

野生のハーブを使用したお料理は香り高く食欲をそそられます。

海の幸にも恵まれたこの土地では

魚介類もオリーブオイルと調理するだけで贅沢な味わいに。

 

山の方面に足をのばすと、のどかな緑の大地に牛が放牧されています。

牛舎の中で窮屈に育った牛ではなく

のびのび育った動物のお肉をありがたくいただきます。

 

羊が放牧されている農家では

羊のリコッタやペコリーノという羊乳チーズを作っています。

雌牛や雌羊はチーズやヨーグルトなどの乳製品を製造するのに活躍してくれます。

 

そして郊外に足を延ばせば広がるぶどう畑。

秋には村を上げてぶどうの収穫を祝い

普段の生活の中ではワインをたしなみながら家族で食事を楽しみます。

 

 

これらは私がイタリアに住みながら目にする

現在においても当たり前のように続けられている食生活です。

 

地中海料理の特徴 

オリーブオイルを使用し、オリーブの実を常食する。

その土地で採れた季節の果物、野菜をふんだんに使っている。

豊富な魚介類をメインにいただく。

赤身の肉の登場は回数少な目。

乳、乳製品を適量いただく。

ワインは食事中にグラス1杯程度。

 

なんとなくどんな食卓かイメージできたでしょうか?

これから順を追って詳しく解説していきますね。