北緯30~40度地点に位置する

地中海沿岸の国々は、スペイン、ギリシャ、クレタ島、

ユーゴスラビア、トルコ、チュニジア、モロッコ、南イタリアなどの国々。

 

これらの国々にひろまったオリーブオイルの文化

その土地で収穫された穀物や野菜、豆類、獣肉、魚介類、

乳製品、果物(季節のフルーツとワイン)と共に

バリエーション豊かな食文化を繰り広げていきます。

 

軟質小麦からはパンの文化が

硬質小麦(デュラムセモリナ粉)が採れる土地ではクスクスやパスタが

お米、ファッロ(スペルト小麦)や大麦、トウモロコシの粉からできるポレンタなども

主食として食べられる穀物の代表的なものです。

 

 

 

144739

 

 

 

現在の地中海料理ではお肉やお魚が豊富に並びますが

その昔は獣肉や魚介類は貴重なものでしたので

穀物と豆類と野菜中心のベジタリアンな食事が繰り広げられていました。

 

この地方の強い太陽の陽射しの下で育ったお野菜達は

季節ごとに種類豊富で個性的なお味のものが採れますので

野菜だけの食卓でも全く見劣りしないレパートリーが広がります。

 

野生のハーブやスパイスを上手に取り入れるのも

この地方のお料理の特徴です。

香り高い季節のお野菜にハーブやスパイス、レモンを加えることで

味や香りの相乗効果が高まり

むやみに塩で味付けなくても素材の味が引き立つので

自然と減塩に繋がります。

 

 

 

時代が変わると共に、少しずつ動物性の食品を採る頻度が高まり

お肉やお魚、牛乳や乳製品、卵が沢山食卓に上るようになりました。

こうして変化しつつある地中海料理の傾向も踏まえつつ

どのような点に気を付けていかなければならないかも

少しずつ説明していきたいと思います。